toggle
2016-11-25

vol.34 「夢を叶えるバラ色の先払い」と「ネガティブな思いを助長する浪費の罠」

お金には先払いの法則があるとお伝えしてきました。
ドS本にも掲載しているので、
こんな質問がくるようになりました。

「何が先払いで、
 何が無駄使いなのかわかりません」

大切なのは、嬉々とした気持ちで使えたお金かどうか。
オーダーを叶えるために、ヒントをもらって使うお金かどうか。

です。

たとえば、年収2000万をオーダーしたとしましょう。
ふと「あ、年収2000万の人が使っているような財布を持て!」
というヒントが降りてきたとします。

そして、財布を探しにデパートへ行き、年収2000万円の自分を思い描きながら、
手にした財布は、普通に考えると今手に届く金額ではなかったとします。

さあ、あなたはどんな気持ちでしょうか。

「これで願いが叶ったぞ!」と高揚した気持ちで、
嬉々としてレジに向かい、お金を支払いながら、
「ありがとう!お友達を連れて帰ってきてね」と言って
毎日ウキウキしながら財布を使いはじめる人は、
先払いできている人です。

逆に「やっぱり年収2000万は無理だよな」と思っている人は

「でも、やっぱりお金があいから、
 高い財布はお金持ちになってから買おう」
と、無難な財布を購入して

「欲しいのはこれじゃなかったんだけどな」
と、不満を言いながら過ごしてしまったり

「ああ、やっぱり財布なんか新調するんじゃなかった」
と、後悔してしまったりするのです。

もう、おわかりかと思います。

自分が決断し、オーダーしたことに向かって、
宇宙からのヒントを受け止め、
心をウキウキさせながら払うお金は、
願いを叶えるための先払いになります。

逆に、宇宙を疑いつつ、オーダーにも自信が持てず、
罪悪感や不安を感じながら払うお金には、
ネガティブで頑固な心の前提が
左右していることが少なくありません。

先払いする目的、それが、
覚悟してオーダーした願いを叶える支払いであること。

これが大切なのです。