toggle
2015-12-03

Vol.19 あなたが本当に好きなこと、やりたいことは?

どんどん宇宙にオーダーしていますか?
小池はどんどんオーダーして、どんどん叶えていますよ。
何しろ、宇宙には奇跡なんていくらでもあるから。
奇跡が起きまくりです。

時折
「夢はあるけど、今からじゃ難しい」
「夢って、なかなかつかめるものじゃない」
「結婚したいけど、この年齢じゃあ良い相手は見つからない」
と、嘆いている方がいますが、
その言葉、いったいどこから学んだのでしょうか?

人は生まれた時、自分が欲しいものをそのまま宇宙にオーダーしています。
ミルクが欲しい、ママのぬくもりが欲しい。
それらの純粋なオーダーは、成長するにつれ、
親の価値観や心の問題、環境などを感じ取りながら、
「愛してもらうためには、勉強を頑張らなくては」とか
「何でも完璧じゃないと、やってはいけない」とか
条件をつけて、自分が欲しいものを得る、という方向へ向かってしまいます。

これは、誰にでもあること。
ですが!

できなかった時の言い訳も、やらない言い訳も、
そのままオーダーになっちゃいますからね。
年齢のせいにしたら、そのまま、
そのせいでできない、という結果が生まれますから。
怖いですよ〜。

大いなる泉さんは、これらすべてを見抜いています。
「自分が本当に望んでいることを、
 素直にオーダーしてくれたら」
だそう。
最近オーダーが少なくて退屈なんだそうですよ。

欲しいもの……
それは、好きなもの。
それは、自分が本当に好きなものです。

決して、誰か目線ではなく、
誰かからの評価を期待してのほしいものではありません。

「親がこういう職業に就いてほしいと言っているから」
「彼がこういう女性が好きだから」
「これをやったら、周りから素晴らしいって言われるかな」

それは、本当にあなたの好きなことですか?

他人軸のオーダーは、これもまた偽のオーダー。

偽のオーダーではあるのですが、ちょっと曲者なのが、
「ケド付きオーダーとは違って」
本気でオーダーすると、叶ってしまいます。

叶いはしますが、
想像以上につらい人生が待っています。

潜在意識(本音)と偽物の意識の間で強い葛藤が生まれ、
体調を崩したり、鬱になったり、苦しんだり、
それに対して「こんなつもりじゃなかった」と
苦しさを回避するための新しいオーダーを出し続けることで
思いもよらないトラブルが起きたりします。

それは、まるで、嘘に嘘を重ねて、
取り返しがつかなくなるようなものです。

だからこそ、あなたが好きなこと、やりたいこと、
叶えたい夢、それについて、自分と向き合ってみてください。
何をしている時心地よいのか、
どんな人生だと最高なのか。

思わず、それをやっている自分を考えただけで、
ニヤニヤしてしまうような、

自分軸の「やりたいこと」
それこそ、本気のオーダーです。

宇宙へのオーダーに条件は必要ありません。
唯一あるとしたら、あなた自身が自分で本当に望んでいるものぐらいです。

「夢があるから、今からやってみよう」
「お花が好きだから、アレンジメントの先生になろう」
「誰かと一緒に生きていきたいから、その相手を探そう」

ただ、それだけでよいのです。
年齢も、経験も、過去の失敗も、
やらない言い訳を探す必要などありません。

そのためのヒントを、あなたが、
あなたの大いなる泉さんに尋ねれば良いのです。

「どうやったら、この夢が叶うのか、
 本気で取り組みますので、ヒントをください」

必ずヒントは与えられます!
そのヒントを逃さず、
行動に移してくださいね!